こそこそ話

日々の生活で感じたことを言葉にする場所

わたしがヨガをはじめた理由 つづき

 

 

まぁー…

前回は長々と書いてます!が

 

わたしがヨガをはじめた一番の理由は母のすすめ ということになります

 

これはティーチャートレーニングの一番最初の自己紹介の時にも言ったような気がします〜

 

 

 

今思い返すとヨガを少しでもしてる人はわかると思いますが

「ダウンドック」さえ何?みたいな状態で よくティーチャートレーニングなんて受けようと思ったよなぁ

とその時の自分にある意味 感心しています

 

でもあの時にあの場所であの先生から

ヨガを学んだからこそ

今も好きでいられていると思うので良かったです 

(あの場所はヨガブリーズ

あの先生はパク先生 )

 

 

そんな感じで 

アサナもそんなに出来ないわたしだったんですが

通常のスタジオレッスンと

ティーチャートレーニングを重ねて

なんとか人前で基本的なアサナをできるまでになりました

 

 

正直卒業した当時はこの今のわたしが

インストラクターなんてとんでもないな

と思ってました

 

スタジオにはヨガ歴がわたしなんかよりずっと長い人もいらっしゃるし

こんなたどたどしいわたしが前に立って皆さんをリードするなんて出来ない…まだまだやね…

と思ってティーチャートレーニングを終えたんです

 

 

だからと言ってティーチャートレーニングを受けなければ良かったとは一切思ってなくて

 

できるようになったから丸 

出来てないのはバツ

みたいなそういうものでもない気がしてます 

教え方だけじゃない色々なことを学べて本当に良かったです

 

とにかく「まぁ今 じゃないなぁー」みたいな 感じです

 

 

 

 

それからもスタジオには通うし

マイペースに続けていました

たまにさぼったりします

追い込んで練習することはないですが

他のスタジオに行ってみたり

ワークショップに行ってみたり

 

で去年のちょうど今頃からかな

 

ご縁をいただきわたしが通うスタジオでリラックスヨガのクラスを一つもつことになりました

本当にありがたいのひとこと

 

わたしでだいじょぶかな?

みたいな感じです

 

 

もっと追い込んで短時間でできる人もいらっしゃると思いますが

わたしの場合は

ティーチャートレーニングで学んだことを振り返りながら

70分の構成をねり順番を覚えて

アサナをとりながらインストラクションをわかりやすく伝えるために何度も何度も1人で練習です

 

最初のうちは

何かのセリフを言っているようだったと思います

でもそれでも 詰まって真っ白になるよりはマシ!と練習してました

 

ただこれが…

家で上手くできたと思っても

人前になるとなんだかスムーズじゃないしへんな感じなんです

 

そんな感じで先生にクラスに入るまでに3回もチェックをしてもらうことになりました

 

…前代未聞だそうです…

 

やっと やっとやっと

入れた初めてのクラスはほとんど覚えてません

こんな先生 やだ ですね〜

 

 

そして主人の大分への移籍を機に

辞めることになるまで約8ヶ月

細々とインストラクターをさせていただいてました

 

一番最初は上手くできるかどうかって

自分視点だったのが

だんだんそういう緊張感やへんな自意識はなくなり きてくださっている方にどうやったらリラックスしてもらえるかというのを考えられる様になってきたと思います

 

…自分がするのと

インストラクションは全然ちがいました

 

どっちもまだまだですけど

またいつか インストラクターとして働ける機会があれば是非チャレンジしたいと思っています

 

 

 

インストラクターしてる もしくはしていたというと

よく

資格とった?と聞かれますが

まぁあってないようなもので

 資格もってるインストラクターだったら安心 ってわけじゃないような…

友達がいいといったインストラクターがわたしに合うかどうかもわからないし…

 

 

お医者さんや看護師さん幼稚園の先生のような国家資格じゃないしみんなおんなじ試験に合格してるのでもないです

 

 

少し前にちらっと

ヨガをしたい人じゃなくて

ヨガのインストラクターになりたい人が多いと聞いたこともありますし…

 

 

たった半年ちょっと

しかも一週間にひとつしか持ってないのでインストラクターの仲間にさえ入れていない気がしないでもないですが

 

 

 

他の運動やエクササイズ ストレッチ

との大きな違いは

 

 

心にも影響を与えるところだと

思っています

 

ぼんやりしていますが。

 

けっして身体をやわらかくするための

エクササイズじゃないです

 

 

今の私がなんとなく感じているのがここまでです

またここからどんな風に変化していくか楽しんでいきたいですね

 

 

 

 

わたしはあきっぽくて

メンタルもそんなに強くない

前に突き進んでいく力もない

コツコツと努力もできない

(ホントできそこないですね〜)

 

 

 

 

 

今もそんなに変わってないですけど

 

そんなみっともない自分を責めていた時があって

なんかこんな自分やだなぁ

自分から逃げたいなぁって

思ってたときがあって

 

それはそれはキツイ時期がありました

でも 結局は逃げられないという 厳しい現実があるけれど

なんか なんとか なっていくんだよな

 

みたいな やわらかい気持ちになれた気がして

 

 

自分の真ん中に戻る一つのツールを

手に入れた みたいな

 

みんながそれがヨガである必要はないんです

わたしはたまたまそうであった という感じで

 

あとは

結果にこだわることなく

その時はそうだったと

あっさりと受け入れたり

まぁ大丈夫 と 全体を大切にする

みたいな

 

こう思えるようになったのは

わたしがわたしを生きていくうえで

楽になったと思ってます

 

そんな感じで

ヨガが好き

 

 

長くなりました

読んでくださり

ありがとうございます