こそこそ話

日々の生活で感じたことを言葉にする場所

長濱祭り

f:id:fukuokanoyuki:20170707151952j:image

 

三日間あるそうですが

わたしは 中日に。

 

偶然が重なり 行けたことに感謝

 

 

 

 

大分に来て一番の人混みでした 

こどもからお年寄りまで

家族や友達同士など

それぞれで来られていて

出店で楽しんでる人

お神楽の舞を見て楽しんでる人

沢山でした

 

 

オススメしてくれた友人は

お神楽が好きでなんかずっと見て居られるんだよね

と言ってましたが

 

わたしは時間の都合で

切り上げなくちゃいけなかったのですが

ほんとずっと見てられる

 

 

たいこをたたく人

笛を吹く人

踊る人

見ている人

みんな笑ってて楽しそうで

 

なんか 平和で たのしくていいなぁと思いながら涙がでてきていました

 

 

1人でみてて

こんなに泣いてて

あの人なんで泣きよらすとやろうと思われるかもしれんなぁーとか思って

なんか途中で冷静になって笑えてきたりして

 

平和で泣くって

なんて幸せなんだろうね〜と

心の中で思っていました

 

嬉し泣きはよくするんです

悔し泣きもありますね

 

だけど なんかね ー

最近 朝ドラのひよっこを見てても

なんていい人の集まりなんだ!!

もうっ!という感じで

 

説明しようのない感情で

涙がこぼれるようになって

あら 大変って感じです

 

 

 

 

 

 

はじまりの日にふさわしい つづき

1日 ははじめての

アシュタンガヨガ レッドクラスに参加しました

大切なことを

教えてもらえた気がします

 

 

呼吸と視線とアサナのみっつは連動していて

どれも欠くことのできない大切なことだそうです

 

ヨガをしていると

新しいアサナに挑戦したり

苦手なアサナに直面したりは

必ずありますが

その時に どうしてもわたしは

そのアサナの形をつくることに必死になって

目をぎゅーっと閉じて

呼吸のことを忘れてしまいます

 

 

その時は身体をどう動かすかにばっかり意識が行ってしまい

というより意識をもっていかれて…

呼吸や視線のことはすっかり忘れているようです

 

 

そしてその時に

 

あーダメだ

できなかった

またできなかった

と自分をジャッジします

 

社会の色々な場面では

出来た出来なかったが評価されますが 

そうじゃなくって…

 

出来た出来なかったは

どうでもよくって

そうなっている自分に気付く ということが大切なのだそうです

 

 

 

出来た出来なかったに囚われない

ということは今までもヨガをしてくる中で意識してきたつもりなんですが

まだまだでした

 

 

 

自分にとって難しいことに挑戦するときに表れるみたいですね^^

 

 

 

 

はっとすることが起きた時にこそ

一呼吸

 

自分の様子を伺う

 

 

 

 

 

 

焦りグセのある私には

少し耳の痛い いい話でした

 

 

 

 

3日 夕暮れ

f:id:fukuokanoyuki:20170703182940j:image

 

 

土鍋焙煎のニドムさんのコーヒー

くらしのたねさんの米粉のマフィン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじまりの日にふさわしい

7月に入りました

 

今日いつもおじゃまする豊さん(ほぼ大分県産のオーガニックのものを取り扱う)

でたまたま母くらいの年齢の方 二人組にお会いしました

 

 

子育てをひと段落終えたあとに

自分の母としての子供に提供する食べ物について本当に反省している

 

学校できいたことや

テレビで流れる鵜呑みにして

自分で調べて深く知ろうとしてきてなかったな…

といいながら

 

 

気づくのが少し遅かったけれど

今は色々な食に関する活動をされているそうで

これから高齢者が増えて

未来の若者の負担が大きくなっていくだろうから

 

 

みんなでどうにかして協力しあって

健康でしゃきしゃき動いて

税金をしっかり払えるようなおばあちゃんになりたいなぁともおっしゃっていました

 

 

 

自分や自分の家族だけが

幸せになるなんてありえない

 

素晴らしい人 は

素晴らしい知恵を次の時代につなげる人

 

 

 

 

 

こんな風に買い物をしながら

自分のことじゃなくて

未来のことを願う人と話せるなんて

幸せだなぁと思いました

 

 

 

 

 

 

 

そういえば

朝のヨガでも素敵な話をきいたんです

 

 

はじまりの日  続く…

 

f:id:fukuokanoyuki:20170701165553j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

成功した人の話もおもしろいけど

わたしみたいに

 

小さいときから

スッチーやら美容師さんやら

学校の先生やら

何かになりたくて色々憧れるんだけど

結局わりと

根性なくって

何者にもなれなかった

 

けど

 

それもそれでいいよね

 

 

となんか開きなおってるヤツが

知ったような口を聞くのも

なんかおもしろいかな

と思いました 

 

何か自分の決めた目標を達成した人は

沢山の壁を乗り越えて

高いところから

美しい景色をみたかもしれない

壁のこえかたもしっていると思う

 

わたしは

壁を避けてきた人間です

色々理由があったし作ったし

 

でもやっぱり似たような壁に

ぶちあたるんですね

あのとき超えられなかった壁やね〜

と思います

 

今度こそこえるぞ と思います

だけどまた新しいヘマをして

自分にうんざりしながら壁から逃げるんです

今回もダメやったなぁ〜〜

と呆れながら

 

 

 

 

そんなヤツの話もおもしろいかなと

思いました

 

 

…まだまだ途中ですものね

途中も おもしろいですよね

 

 

 

 

今日は沢山

感じたことがあったので

沢山更新しました

 

 

おやすみなさい

 

 

 

f:id:fukuokanoyuki:20170630221815j:image

6月最後の日

 

 

恥ずかしいこと

f:id:fukuokanoyuki:20170630162013j:image

 

図書館や本屋さんで

自分が選んだ本を 見られるとき

なんかすごく恥ずかしい気持ちになります

 

見られるといっても

ほとんど 対 主人なんですけど

 

これだってこっそり

抱きしめて ってメッセージを

発信してるみたいで

 

最初に 読んでるところ見られるのに

心の中でドギマギしておりました

 

 

 

 

 

.

 

わたしはどんどん電子書籍が主流になって行く時代なんですが 俄然紙派です

あてもなく本屋さんにいって

その時のきぶんで選びます

びびっとくるやつを探します

そして家にある

自分が選んだ本たちが

ずらりと並んでいるのが好きなんです

本ってなかなか手放せなくって

どんどんたまって行って

ヨガの本とか料理の本とかじゃない限り

いつ使うかといったら

そんなのわからん けど

 

使うか使えないかじゃない

 

この本を持っているというこのことが

なんだか心強いのです

 

 

面白いのがそのなかでも

手元に残って行く本と

去って行く本があって。

 

だから

手元に残ってくれている本が

わたしの力になってくれる時がくるのだろうと思ってます

 

 

使うか使わないかだけが

必要か必要じゃないかの

理由じゃないですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

わたしが出会う

おおいたの人は

おおいたにある豊かな自然を楽しんでいる方ばかりです

そして住んでいる「わたしたち」が

よりよくなるようにと

願う方が多いと感じました

 

静かな情熱をもたれています

 

 

都会かどうかでいうと都会じゃないし

車がないと不便な町なのかもしれませんが

 

 

そんなことはどうでもよくって

みなさんそれぞれで

自分にできることを見つけて

前に進んでいる方が沢山です

 

パワーみなぎる

おはようございます

今朝はめずらしく

弁当作りをしました

.

自分の好きなことを

好きでい続ける為には

話しかけたりなでてあげたり

ながめたり

触れ合う時間が大切なんですね